形式主語 itの用法_高校英語

代名詞の一覧

形式主語 it  形式目的語 it  天候/時間/距離のit  再帰代名詞(oneself)  指示代名詞(this,that,those)  指示代名詞(so,such,the same)  不定代名詞(it,one,ones)  不定代名詞(one,another,other) all,both  every,each  either,neither  some,any  代名詞の問題演習

中学英語文法でも学習している形式主語(仮主語)の代名詞 it。(→中学英語文法の代名詞へ) 高校英文法の代名詞では、構文・英語長文でもよくitが出題されています。

このページでは、It is … to do~. It is … (that/whether/疑問詞) S+V~. It takes 時間 to do~. It costs 金額 to do~. をテーマにしています。

強調構文のIt is … that S+V と形式主語構文との違いは、強調構文のページを参照してください。

形式主語 It

形式主語"It"は、名詞句や名詞節の代わりとなります。①名詞句:不定詞や動名詞を伴う句②名詞節:that, whether[if], 疑問詞 です。


①It=名詞句 の場合

不定詞の to do や、動名詞の doing がつくる名詞句の代わりに、形式主語として It を置き、名詞句は後ろへ配置します。It は、to do, doing 以下の名詞句を指し、「それ」と和訳してはいけません。

To help Jane with her homework is necessary.
 → It is necessary to help Jane with her homework.
 (ジェーンの宿題を手伝ってやることが必要だ。)

● 動名詞の場合

 →It is fun skiing on the steep slopes.
 (勾配の急なゲレンデでスキーをすることは楽しい。)

 →It is no use crying over spilt milk.
 (こぼれたミルクを嘆いても仕方ない。→覆水盆に返らず)



②It=名詞節 の場合

接続詞の that, wether[if], 疑問詞 を伴う名詞節の代わりに、形式主語として It を置き、名詞節は後ろへ配置します。It は、名詞節 以下を指し、「それ」と和訳してはいけません。

 →It is certain that he will win the race.
 (彼がレースに勝つことは確かだ。)

 →It depends on you whether she will come or not.
 (彼女が来るかどうかはあなた次第だ。)

 →It doesn't matter when and where he was born.
 (彼がいつどこで生まれたかは問題ではない。)

※参考:easy, difficult の場合、to do →that 節の書き換えはできません。
  It is easy for me to answer the question.
 × It is easy that I answer the question.



It takes+(人)+時間+to do~

(人が)~するのに時間がかかる。

● It takes me five days to paint the wall.
 (私がその壁を塗るのに5日かかる。)

It costs+(人)+金額+to do~

~するのに(人に)金額がかかる。

● It costs me fifty dollars to have the door repaired.
 (ドアを修理してもらうのに50ドルかかる。)



形式目的語の it→

ページのトップへ戻る