高校英文法の接続詞_群接続詞と相関接続詞

接続詞のテーマ一覧

等位接続詞 and,or,but等位接続詞・慣用表現接続詞の復習問題①従位接続詞群接続詞・相関接続詞接続詞の復習問題②接続詞のまとめ問題



群接続詞と相関接続詞


群接続詞

以下は群接続詞です。これもぜひ覚えておきたいものです。

by the time S+V(SがVするときまでに)
every (each) time S+V(SがVするたびに)
the moment, the instant S+V, as soon as S+V(SがVするやいなや)
now [that] S+V(今やSはVなので)
in that S+V(SがVする点において)
suppose [that] S+V, provided [that] S+V = if S+V(もしSがVならば)
even if (though) S+V(たとえSがVでも)
for all S+V (SがVにもかかわらず)
as long as S+V (SがVする限りでは⇒ ~でさえあれば)= if only
例) as long as I live,
as far as S+V  (SがVする限りでは⇒ ~する範囲内では)
例) as far as I know,



相関接続詞

no soonerthanhardlywhen (before) …
scarcelybefore (when) …
(~するやいなや… ~するかしないかのうちに…)

この構文は倒置構文なので、要注意です。(倒置形でない形もあります。)
さらに、時制にも気をつけましょう。 多くの場合、前が 過去完了形・後が 過去形です。

Hardly + had+ S + p.p.when + S + V(過去形)

Hardly had he arrived here when it began to rain.
(彼がここに到着するやいなや、雨が降り始めた。)


※前が現在完了形、後が現在形という文も稀に見かけます。



接続詞復習問題②へ →

ページのトップへ戻る