名詞一覧_高校英語

名詞の一覧

名詞一覧 |  集合名詞   物質名詞   抽象名詞   固有名詞   名詞の複数形   名詞の練習問題 

高校英文法の名詞は何から手をつけたらよいのかわからず、苦手にする方が多くいらっしゃいます。 高校英語の名詞の範囲で、真っ先に覚えるべきことは、 名詞の全体像=名詞の一覧です。名詞にはどんな種類があるのか、まずは把握しましょう。なお、主語,補語,目的語など、品詞としての名詞の用法は、5文型の品詞を確認してください。



基本が少々あやしい方は、→ 中学英語文法の名詞・冠詞で、まずは基本問題演習を。

名詞の一覧

名詞には、可算名詞〔数えられる名詞〕と不可算名詞〔数えられない名詞〕があります。 さらに、可算名詞は、①普通名詞②集合名詞 に、不可算名詞は①物質名詞②抽象名詞③固有名詞 に分類されます。 以下に名詞の一覧を記しておきます。

  1. 普通名詞 ⇒ apple, pen, car, cat, など

  2. 集合名詞 ⇒ 集合体の名称 : family, people, class, police, など

  3. 物質名詞 ⇒ 液体・原材料などの一定の形のない物質名 : water, air, milk, money, など

  4. 抽象名詞 ⇒ 性質・状態などの形のない抽象的概念 : peace, kindness, health, difference など

  5. 固有名詞 ⇒ 人名・地名などの固有の名称 : Jane, Tokyo, Monday, English, など



1.普通名詞

いわゆる数えられる名詞(可算名詞)で、単数形や複数形が存在します。 人間や物など種類は多く、単数形には、冠詞の a[an], the や, this, that, 所有格の my, his などが原則として付きます。


2.集合名詞

数えられる名詞(可算名詞)で、集合体を表す名詞です。単数形と複数形が存在します。 例えば、同じ家族 (family)でも、家族を1つの集合体と考える場合は単数扱い, 家族一人一人にスポットがあたっている場合は、複数扱いとなります。


3.物質名詞

数えられない名詞(不可算名詞)で、常に単数扱いです。 数量の表し方は、a sheet of paper, two cups of coffee などと表します。


4.抽象名詞

性質や状態、思考などの抽象的な概念を表す名詞で、常に単数扱いです。 学問(math, music,)やスポーツ (tennis, baseball,) などもこのジャンルです。

of + 抽象名詞=形容詞, with + 抽象名詞=副詞 というのも、抽象名詞を使った重要な表現です。


5.固有名詞

ある特定の人・物・地名などを表す固有の名詞で、基本的に単数扱いです。 ただし、冠詞がついたり、複数形になったりするものもありますので、注意が必要です。

例:the Thames (テムズ川), a Sato (佐藤さんという人), MPs (下院議員たち)



可算名詞の「集合名詞」→

ページのトップへ戻る