高校英文法の不定詞_名詞的用法

不定詞のテーマ一覧

不定詞の名詞的用法形容詞的用法とbe to不定詞副詞的用法(原因/理由/結果)程度・結果/独立不定詞不定詞の意味上の主語完了形不定詞知覚動詞と使役動詞不定詞の復習問題不定詞の演習問題



不定詞の名詞的用法

不定詞は最も嫌いな人が多い文法テーマのひとつです。なぜかというと、他の文法テーマと関連する部分が多いからです。

品詞がわかっていないと用法の理解はできませんし、完了形不定詞は時制の概念を問うものです。また、動名詞・分詞との関連も数多く見られます。

しかし、ここは文法の基本を学習するページですから、ご安心を。容易に理解できるような構成となっていますので。→ ※中学英語の問題は、中学英語文法の不定詞(1)



名詞的用法


名詞的用法は、五文型のページに載せているあの「名詞」の用法です。2語以上なので、不定詞の名詞的用法=名詞句なのです。

名詞は、S(主語)・C(補語)・O(目的語)になります。特に、不定詞の名詞的用法では、基本的に「~すること」と訳すことができます。では、例文を見てみましょう。


To see is to believe .
[ S V C ]
(見ることは信じることである⇒百聞は一見にしかず)

S(主語)とC(補語)になっています。では、もう一文みてみましょう



● He began to play tennis.
[ S V O ]
(彼はテニスをすることを始めた。⇒彼はテニスをやり始めた。)

これはO(目的語)になっています。いずれも「~すること」と和訳される、名詞的用法です。他のタイプも確認してみましょう。



疑問詞+to ~ (何を、どこへ、いつ、~すべきか)

● I don't know what to say.
[ S V O ]
(私はなんと言っていいかわからなかった。)

=I don't know what I should say.


● The question is where to go.
[ S V C ]
(問題はどこへ行くべきか、だ。)

=The question is where we should go.

疑問詞+to不定詞も(O)目的語や(C)補語となり名詞句を作りますので、名詞的用法です。



to-不定詞の否定

not, never などの否定語は「to ~ の直前」に置きましょう。
not to ~, never to ~

He told me not to go there. (彼はそこへ行くなと私に言った。)



例題→大学入試の4択問題(不定詞)

不定詞の形容詞的用法へ →

ページのトップへ戻る