動名詞_否定と意味上の主語

動名詞のテーマ一覧

動名詞の否定/意味上の主語完了動名詞動詞の後は動名詞?不定詞?動名詞の復習問題remember to do/remember doing動名詞の慣用句動名詞の発展学習動名詞演習問題動名詞総合テスト




※中学英語の基本問題は、中学英語文法の動名詞

動名詞の否定/意味上の主語

動名詞は、~ing で「~すること」と訳します。名詞に準じた働きがあります。高校英文法の動名詞は慣用句もたくさんあるので、分量が多くなっています。

動名詞の否定

not, never などの語句を動名詞の直前に置き、動名詞を否定します。

I insisted on not going there. (彼はそこに行かないと主張した。)



動名詞の意味上の主語

☆示す必要の無い場合…

意味上の主語 = 世間一般の人・文の主語・述語動詞の目的語などの時は、動名詞の意味上の主語を省略します。

Seeing is believing. (見ることは信じることだ。=百聞は一見にしかず。)

※Seeing, believing ともに、「一般の人」が主語なので、意味上の主語を示す必要はありません。


● He started writing a letter to her. (彼は彼女に手紙を書き始めた。)

※(彼が)手紙を書く ⇒「文の主語に一致」しますので、これも意味上の主語は必要ありません。


☆示す必要のある場合・・・ 意味上の主語を動名詞のに置きます。(所有格目的格

● He is proud of his father's being rich.
(彼は父親がお金持ちであることを自慢している。)

● Do you mind Taro coming too?
(太郎も来てもかまいませんか?)



動名詞の時(完了動名詞)へ →

ページのトップへ戻る